セイメイファーム悪臭公害/請願が嵐山町議会で採択/50年以上の苦しみを訴えた/企業の社会的責任がある

セイメイファーム悪臭公害の請願が嵐山町議会で採択されました。

本会議の採決結果

賛成7人、反対5人で採択

賛成=〇 反対=✕

• 吉本 秀二 (無:政友) ✕
• 森  一人 (無:政友) 〇
• 大野 敏行 (無:政友) ✕
• 長島 邦夫 (無:政友) 〇
• 青柳 賢治 (無:政友) ✕
• 畠山 美幸 (公:政友) ✕
• 吉場 道雄 (無:政友) 〇
• 河井 勝久 (社:社民) 〇
• 川口 浩史 (共:共産) 〇
• 清水 正之 (共:共産) 欠
• 松本 美子 (無:政友) 〇
• 安藤 欣男 (無:政友) ✕
• 渋谷登美子 (無: )  〇
• 佐久間孝光 (無: ) 議長

欠席=欠

括弧内 (所属:会派)

所属
• 無 =無所属
• 共=日本共産党
• 公=公明党
• 社=社民党

会派
• 政友=政友会
• 共産=日本共産党
• 社民=社民党
• 空白=会派なし

 3月1日、セイメイファームについての請願が、町議会文教厚生委員会で審議されました。
 地元の方など多くの町民が見守るなか、紹介議員である共産党の川口浩史議員の説明、地元杉山地区の請願者3名の訴えと議員からの質疑応答、町の担当課の説明を聞いてから審議となりました。

悪臭公害の苦しみを訴えた

 50年以上の長きにわたり苦しめられてきた請願者3名の方の切実な訴えが議員にも届き、賛成3議員(長島・森・吉場)、反対2議員(青柳・吉本)で採択されました。また、3月19日の本会議でも賛成多数で採択されました。

企業としての社会的責任がある、被害者の救済を優先すべき

 この問題は、セイメイファームの企業としての社会的責任が問われているので、悪臭や騒音、汚染のない生活を望むのは住民として当然の権利。「企業と住民との共存共栄」という言葉で、今回の請願に反対する議員などもいたが、「共存共栄」とは発生源である企業が社会的責任を果たした上で初めて成り立つ事。まずは悪臭公害被害者の救済を優先すべきでしょう。

 2019/4/11( 文・写真  鈴木 圭)