小中学校の統廃合について/一緒に考えてみませんか?/嵐山町の教育を考える会

嵐山町の小中学校の統廃合について

一緒に考えてみませんか?

嵐山町の教育を考える会

 嵐山町の教育を考える会が、11月29日に国立女性会館(ヌエック)で呼びかけに参加した方と思いを語り合いました。

 この呼びかけは、現在、嵐山町では教育委員会主導で、小学校3 校と中学校2校を1校にまとめるという 「新校」 建設計画が進んでいますが必ずしも、議会や町民 のみなさんの声がしっかり反映したものとは言えない。コロナ体験後の嵐山町の教育を考える会では、新校開校準備委員会や議会の調査特別委員会の傍聴を通じてこの思いを一層強くしています。新校建設計画の内容やその進め方について、疑問や不安に思う点を出し含い、学習会も計画しながらみなさんと一緒にこの問題を考えていきたいと思っている。その最初の試みとして、「一緒に考えてみませんか?」のつどいが計画されたものです。

 発言では、「議会軽視だ、議会は何も決めていない。議会は特別委員会を作って議論をしている」「菅谷に何でも持って行く、バスがでるのだから自然豊かなところでの教育にすべきだ」「知らないうちに進んでいる。」などの多くの発言・疑問がだされました。「計画ありき」で進められ性急な計画でよく練られていないことなどが改めて浮き彫りにされました。

2020/12/3 写真・文 鈴木 圭