フルート演奏と人権・平和を考える集い/嵐山「九条の会」と人権と平和を考える嵐山の会の共催

フルート演奏と人権・平和を考える集い

 4月22日、嵐山町町民ホールで「フルート演奏と人権・平和を考える集い」が開かれ140余名参加し会場いっぱいになりました。

 はじめに主催者を代表して金丸友章さんからあいさつ。

 第1部はフルート演奏の福島明佳(ふくしま さやか)さん。短い時間の中でユーモレスク、ヴォカリーズ、トルコ行進曲、帰れソレント、さとうきび畑、など5~6曲続けて演奏。嵐山に居てはめったに聴けない生演奏、やさしい音色に魅了されました。

 第2部は憲法を学ぶ映画鑑賞

 第3部にイスラエルから来たユダヤ人家具作家ダニー・ネフセタイ氏の平和論「外国人から観た人権と憲法」の講演=写真=、自らの体験と様々な角度からの鋭い観察力で、映像も使いながらユーモアを交え、日本の人権と憲法を語る熱い講演でした。

新しい嵐山241号 2018年5月