出荷量減人も雇えぬ/埼玉・毛呂山/塩川氏らにユズ農家

出荷量減人も雇えぬ/共産党の塩川鉄也衆院議員と牧瀬明町議ら実態調査/ユズ農家と懇談

 埼玉県毛呂山町で21日、日本共産党の塩川鉄也衆院議員と牧瀬明町議らは、地場産業の実態調査の一環として、町内のユズ農家と懇談しました。

 同町は「桂木ユズ」の栽培が盛んで、日本最古の全国有数の産地です。

 いるま野農協毛呂山柚子(ユズ)部会の市川覚会長は、ユズの出荷先は町がつくった加工所がほぼ全てであり、他は直売所などしかなく、青果市場にはあまり流れていないと説明。「加工所は搾って果汁にするだけ。加工業者がジュースなどをつくっている」「できれば町で商品化から販売までやれるようにしたい」と話しました。

しんぶん赤旗 2020/12/23・首都圏版より 写真=共産党北関東ブロック事務所