歴史

嵐山町政

忠魂祠改修事業に町費支出/忠魂碑には軍事教育の歴史がある/軍国主義の精神は「平和の礎」では無い

戦前の軍国主義の精神的なシンボル忠魂祠改修事業に町費支出、将来に禍根を残す事になる  12月議会において、補正予算の中に「平和の礎・忠魂祠改修事業実行委員会補助金」があり、補助金額は150万円です。補正予算は与党議員の賛成多数で採択されました。 嵐山町の「忠魂祠」と「忠魂碑」は菅谷館跡地内に建立されています。設置されている説明版によると、昭和2(1927)年に創建されており、その後、昭和40(1965)年に再建修復したとあります。再建修復から50年以上経過しているため、経年劣化...